2013年10月15日

メットライフアリコが新付帯サービス

メットライフアリコ生命保険株式会社(代表執行役 社長 サシン・N・シャー)は、今月から、商品付帯サービスを大幅に拡充し、新しいサービスを開始いたしました。

 これまでの商品付帯サービスに、ティーペック株式会社が提供する「ガン総合サポートサービス」「メンタルヘルスサポートサービス」「糖尿病総合サポートサービス」を新たに追加し、専門分野の心配ごとを手厚くフォローできるサービスを大幅に拡充しました。今回追加したサービスは、医療保障、ガン保障の商品付帯サービスとなります。


  なお、「ガン総合サポートサービス」では、現在、先進医療として話題の陽子線や重粒子線治療を対象にした「粒子線治療サポートサービス」を生保業界で初めて開始しました。ガンに罹患された方が粒子線治療を検討、希望された場合に総合相談医(主治医以外の各専門分野の医師)の面談を実施したうえで、必要に応じて、治療を受けられる医療機関を無料で紹介します。

顧客からは、「セカンドオピニオン時に粒子線治療に関する説明を十分に受けたい」、「粒子線治療を受けられる医療機関を紹介してほしい」等のご希望が寄せられており、その声にもお応えできる新サービスです。8月2日に発売した終身ガン治療保険(Guard X)のサービス部分を強力に補完するものにもなっています。

posted by RYO at 10:57 | Comment(0) | 保険業界ニュース・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。