2012年04月04日

自然エネルギーと保険

東日本大震災以降、脱原子力発電所の気運が高まっています。

絶対に安全と言われた原発が暴発し、原子力発電への信頼が揺らいでいるからです。

そんな中、太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーが大きな注目を集めています。

リスクを背負う損害保険会社にとっても新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。



太陽光発電所設置に関わる建設事業者向け保険や、パネルの性能保証など、さまざま保険の提供が考えられます。

メガソーラーによっては、数十億円から数百億円の投資になる可能性があり、保険会社にとっても、大きなビジネスとなる可能性があります。

ただ、まだ未知の部分がある分野なので、損保各社は引き受けには慎重なようです。




posted by RYO at 17:24 | Comment(0) | 損害保険業界ニュース・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。